ハーブ・アロマの癒し Mother Earth 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

クラリセージ (clary sage)

クラリセージ(clary sage)
学名 Salvia sclarea 
シソ科アキギリ属の一種で2年草のハーブです。別名をオニサルビアといいます。
原産地は南ヨーロッパから中央アジアです。
Claryはラテン語の「明晰な」という意味のclarusに由来し、目の疾患によいことを表しています。中世では、クラリセージの種子から浸出液がつくられ、疲れ目や目の腫れに用いられました。属名のSalviaはラテン語のsalvere「救う、癒す」に由来します。
クラリセージ
Queen of hormonal balance
クラリセージの精油はホルモンバランスの女王です。
月経前の緊張や月経痛を和らげてくれます。
 さらに、分娩時の痛みを和らげるのにも効果的です。
心と感情の高揚と、至福感をもたらす働きがあります。
気まぐれ、優柔不断、感情的混乱が目立つ不安や落ち込み、幻想を一掃させ、その名にふさわしく明晰さを回復させてくれます。

  Reference : Aromatherapy for Healing the Spirit by Gabriel Mojay

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。