ハーブ・アロマの癒し Mother Earth 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

すみれとクラリセージ

すみれとクラリセージ & Flag
2013年春、すみれとクラリセージ
昨年の9月に枯れてしまったクラリセージの鉢に咲いた一輪のすみれの花。
この春にたくさんの花を咲かせました。
枯れてしまったと思っていたクラリセージも種から芽が出て、葉がどんどん大きくなって増えています。

「生命力はすごい!」です。
どこにだったか、生命力とは「生命体として天地と交流する力」と書いてありました。
私たち人間も植物も動物も生きているものすべてが母なる大地と繋がり、父なる宇宙と繋がっています。宇宙の愛は壮大です。

小さいながらも美しい花を咲かせ、香しい匂いで心を豊かにしてくれるすみれ。
これからどんどん大きくなって、りっぱな花を咲かせてくれるクラリセージ。
私たちはこれらの植物たちからたくさんの恩恵をうけています。心から感謝です。

スポンサーサイト

PageTop

『海のバラ」ローズマリーの花

ローズマリー
ローズマリー・スプレ&アップライト

春に植えたローズマリーの花が咲きました。
ローズマリーはラテン語のrosmarinusに由来し「海のばら」という意味です。
ローズマリーにはたくさんの品種がありますが、スプレ&アップライトは海のばらにふさわしく、青みの濃い花です。

ローズマリーは若返りのハーブといわれています。
私は育毛とボケ防止、朝の目覚めがスッキリするのでローズマリー・シネオールの精油を頭につけてマッサージをしています。

主成分であるカルノシン酸には、神経細胞の維持に重要な役割を果たす神経成長因子の生成を高める効果があることが報告されています。
ロズマリン酸には花粉症の症状を和らげる作用があることが知られています。
カルノシン酸、カルノソールには、生体防御機構を活性化させる作用があり、解毒作用を高めます。(wikipedia参照)

花粉症にもよさそうなので、精油だけでなくハーブとして食事に取り入れようと思い庭に何種類かのローズマリーを植えました。

魚や肉料理の風味づけにも使われますが、ローズマリーの葉をオリーブオイルに浸けてハーブオイル、酢に漬けてハーブビネガーなどを作っておくと、パンにつけたりドレッシングとしてサラダやマリネなどに、ほしいときにすぐに使えるので便利です。


PageTop

季節はずれのすみれの花

まだまだ暑くまぶしい太陽の下、
かわいい〜すみれの花が咲きました。
スミレ
今年の夏は例年にない猛暑!庭に置いてある鉢の草花のいくつかが枯れてしまいました。
先日の久しぶりの雷鳴を伴ったものすごい雨で、枯れてしまったクラリセージの鉢に
紫色のすみれの花が・・・
恵みの雨に感謝です♡

PageTop

収穫 ミニトマト、ブルーベリー&ハーブ

Harvest
本日の収穫

今日は小雨が降ったり、やんだりの蒸し暑い梅雨の一日。
雨の合間をみて庭に出てみると・・・
先月の台風にもめげずに実をつけたミニトマトが赤くなっていた。
ブルーベリーも色づいて美味しそう!

ベルガモットはきれいな紫色の花が咲いていた。

先日テレビでハーブ酵母水の作り方をやっていた。
私も作ってみようと思い
ローズマリーとオレンジミントの葉を採って来た。

今年の初摘みトマトとブルーベリー。
愛犬フラッグ(食いしん坊犬)と一緒に仲良くわけて食べました。ヤミー!!
母なる大地に感謝♡

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。